Tokyo Chunichi 東京中日體育報 2005.09.21
ドラマ・白線流し「完結編」完成会見 長瀬智也ら同窓会気分で出席


フジテレビ系の金曜エンタテインメント特別企画ドラマ「白線流し~夢見る頃を過ぎても」(10月7日午後9時)の完成会見が20日、東京・赤坂の東京全日空ホテルで行われ、主演のTOKIO長瀬智也(26)、酒井美紀(27)、京野ことみ(26)、柏原崇(28)らが出席した。

1996年1月から連続ドラマが放送され、その後、これまで4編のスペシャルドラマが放送された人気シリーズの完結編。今年の3月から5月にかけて岐阜・高山、富山、東京、長野・松本で撮影された。

シリーズ開始の10年前から同じ役で主演の長瀬は「このドラマは自分の原点。最後というお話をいただいたけど、まだ実感がわかない。まだ、このメンバーで撮影できるんじゃないかという気持ちのまま」と感慨深げな表情だ。

「16の時からこの仲間と一緒に撮影して、仕事仲間っていうより高校の友達みたい」と話すと、酒井は「10年前、役と年齢が同じ17歳でした。本当の学校以外にステキな仲間ができてうれしかった」と振り返った。

長瀬はドラマの撮影で意気投合した柏原とプライベートでサッカーを楽しんだり、撮影中にほかの出演者と深夜にラーメンを食べに出かけるなど、10年前と変わらぬ抜群のチームワークだったとか。「10年前とみんな見た目は変わったりしてるけど、撮影中の会話の内容は変わってない。下ネタばっかり」と笑わせた。 (高橋謙太)

(東京中日的新聞網頁, 將保留約半個月)






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()