2005.04.01 產經體育
TOKIOフレッシュな11周年“聴かせるライブ”

デビュー11周年を迎えた人気ロックバンド、TOKIOが31日、東京・北の丸の日本武道館で、全国ライブツアーのファイナル公演を行った。

今年は例年に比べ「音」に重点を置いた“聴かせるライブ”に。ヒット曲「AMBITIOUS JAPAN!」や最新シングル「自分のために」など全22曲を熱唱。途中、ドラムス担当の松岡昌宏(28)が、メンバーの粋な計らいで自ら作詞作曲した「Purple Rouge」をソロで熱唱する場面があるなど終始盛り上がりを見せた。

5人はテレビ、映画、CMと幅広く活躍しているが、ボーカルの長瀬智也(26)は「(ライブは)自分たちが本当に輝ける場所」とキッパリ。その言葉通り、全身全霊で約2時間半のステージを駆け抜けた。2月5日の北海道・札幌公演を皮切りに、この日まで11万5000人(全10会場21公演)を動員した。

リーダーの城島茂(34)は「(11年を迎え)初心に戻って、狙うは新人賞みたいな気持ちで1年をやっていきたい」と気持ちも新たに今後も全力疾走していく意気込みだ。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005040103.html






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()