日刊體育報 2005.11.07
TOKIO「大笑点」で初笑い


 来年はTOKIOが初笑いを届ける。日本テレビは6日、TOKIOのメンバーが出演する特別番組「大笑点(仮)」を来年元日に放送することを発表した。

 早朝からゴールデンタイムまで、10時間以上の生放送。来年40周年を迎える人気番組「笑点」の前祝いとなる超拡大版で、出演者はお笑いタレントからスポーツ選手、ミュージシャンなど幅広いジャンルから200人以上が集まる予定だ。TOKIOのメンバー5人は、三遊亭円楽(72)をはじめとする「笑点」のレギュラー出演者とともに進行役も務める。

 目玉の1つは、笑点レギュラー陣との大喜利対決。TOKIOは、アイドルグループながら、各局のバラエティー番組でも活躍している。今年正月の「笑点」に出演してレギュラー陣と1度対戦した際、「頭の回転の速さといい、間といい、笑いのセンスのよさに驚きました」と円楽の舌を巻かせた。

 さらにTOKIO長瀬智也(27)は今年、主演したTBSドラマ「タイガー&ドラゴン」で落語に挑戦。収録とはいえ、「三枚起請(きしょう)」など、古典落語の名作を披露するなど落語ファンからも注目された。「大笑点」では、ドラマの高座名、林屋亭小虎として落語など、局の垣根を越えた演出も期待される。日本テレビは「TOKIOによる笑いと音楽のコラボレーションなどを企画中です」としている。リーダーの城島茂(34)は「正月の朝から全力投球で、お茶の間のみなさんにTOKIOが初笑いを届けます」とコメントしている。

[2005/11/7/10:04 紙面から]





berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()