Nikkansports 日刊體育報 2005.05.25
長瀬智也、最後の「白線流し」


 TOKIO長瀬智也(26)が主演するフジテレビのドラマ「白線流し」が、10年越しで完結を迎える。今秋に「白線流し~夢見る頃を過ぎても」がスペシャル第5弾として2年ぶりに復活することが24日、分かった。96年の放送開始以来、同一の出演者で10年間も続いた名物ドラマだが、いよいよ今回が最終章となる。

 ドラマは長瀬、酒井美紀(27)らが演じる高校の同級生7人の友情と成長を描いてきた。最初は連続ドラマで、その後はスペシャル版で回を重ねた。前回03年9月のスペシャルでは、長瀬演じる渉(わたる)が、酒井演じる園子への思いを断ち切り、青年海外協力隊で知り合った美里(原沙知絵)の故郷に去った。今回は、渉と高校教師の園子が再会。それぞれの試練に立ち向かう。

 台本を読んだ長瀬は「時の流れというか、大人になったなあと、つくづく、主人公の成長ぶりを感じました」と感慨深げ。第1作がクランクインした時、長瀬は16歳で、初の連ドラ主演だった。「このドラマは僕の原点。終わってしまうのはとても寂しい。でも、いつの日かまたやれる機会があればうれしいですね」と話した。

[2005/5/25/10:07 紙面から]
(日刊體育的新聞網頁, 將保留約兩個月)






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()