Sankei Sports 產經體育報 2005.05.25
「白線流し」シリーズ完結…長瀬「演じること真剣に」

TOKIOの長瀬智也(26)が主演したフジテレビ系シリーズドラマ「白線流し」が、前作から2年ぶりとなるスペシャル第5弾「白線流し~夢見る頃を過ぎても」(今秋放送予定)で完結することになり、このほどクランクアップした。

東京と信州・松本を舞台に松本北高校を卒業した主人公・渉(長瀬)やヒロイン・園子(酒井美紀)ら7人の若者の姿を追った青春群像劇。平成8年1月から3月まで連続ドラマで放送され、その後4回のスペシャルが制作された。同局の本間欧彦プロデューサーは「高校卒業からの7人を21世紀をまたいで10年は追いたいと最初のシリーズ制作時に決めた。その『とき』が来た」と説明。10年を一区切りと考えていたようだ。

一方、主演の長瀬は当時16歳で連ドラ初主演を務め、思い入れはひとしお。今回は3月上旬にクランクインし、松本ロケなどを中心に収録。このほど松本駅ホームのシーンで撮了した。

渉を10年演じてきたことについて長瀬は「その時その時の渉を精いっぱい演じてこれて、嬉しさと達成感を感じていると同時に、あの頃にはもう戻れないと思うと寂しさもあります」。シリーズ終了については「演じることとは何かを初めて真剣に考えた作品。いつかまた機会があったらぜひやりたい」と“復活”を願っていた。


★渉と園子が再会

前回のスペシャルで渉は園子への想いを断ち切り、青年海外協力隊で知り合った美里(原沙知絵)の故郷、飛騨高山へ赴いた。今回のスペシャルでは、美里と一緒に高山で暮らす渉と、松本で高校教師をしている園子が、渉の父親がかつて働いていた天文台の閉鎖問題をきっかけに再び出会い、それぞれの試練を乗り越えていこうとする姿を中心に、5人の仲間(京野ことみ、柏原崇、馬渕英里何、中村竜、遊井亮子)たちが、それぞれの人生の分岐点にどのように向かっていくかを描く。







berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()