2005.04.01 中日體育
TOKIO熱狂締め!
全国ツアー11万5000人動員


ジャニーズの5人組グループ「TOKIO」が31日、日本武道館で「ACTII」と題したツアーのファイナルを開いた。全国10会場21公演で11万5000人を動員した全国ツアー。「自分のために」など全22曲の熱狂ステージで締めくくった。

5人は昨年デビュー10周年を迎えたばかり。リーダーの城島茂(34)が「振り出しに戻って、狙うは新人賞のつもりで11年目を迎えました」と意気込んだ今ツアー。ライブを前に、松岡昌宏(28)は「(ツアー開始まで)あと5日というときに、『何か違うな』って、予定していた曲を、8曲近くやめちゃったんです」とステージングへのこだわりを見せた。山口達也(33)も「不安もありましたが、いい方向に転がりました」と充実感を口にした。

ライブはボーカルの長瀬智也(26)が「また20周年に向かって走り続けます!! 皆さんお付き合いください」とあいさつし、序盤からエンジン全開。長瀬のギターソロなど、さらに進化したステージでファンを熱狂させた。

また、ボーカルの機会が少ない松岡のために、ほかのメンバーが「Purple Rouge」を演奏し、松岡に歌わせるというサプライズも。4人が前日、ひそかに練習したという。松岡は「おかしいよー」と言いながらも、まんざらでもなさそう。顔を真っ赤にしながら、気持ち良さそうに、自ら作詞作曲した歌を熱唱していた。

(江川悠)

http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/hou/20050401/spon____hou_____006.shtml

(中日體育的新聞網頁將保留約半個月)






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()