2005.04.01 Sponichi
TOKIO松岡がボーカル

人気ロックバンド「TOKIO」が31日夜、東京・日本武道館でライブを行い、2月5日に札幌でスタートした全国ツアーを打ち上げた。昨年がデビュー10周年。「再スタートし、新人賞を狙う気持ち」=城島茂(34)=で臨んだツアーは計11万5000人を動員。「最後までついて来い!」=国分太一(30)=と最終日の観客1万2500人を引っ張り「メッセージ」など22曲を披露した。

ドラムの松岡昌宏(28)には内証で、他のメンバーが松岡作詞作曲の「Purple Rouge」を演奏。長瀬がドラムを叩き、ボーカルを務めさせられた松岡が「何、これえ!」と思わず倒れこむ場面もあった。個々の活動も多いが「自分たちが一番輝くのはライブ」=長瀬智也(26)。直前に曲目を大幅変更するなど、今回は音にこだわった。

恋人と訪れるファンも年々増加。「男性に来てもらえるようになってうれしい」=山口達也(33)、「アイドルはアイドルだけど、いい意味で力が抜けた」(松岡)。大人のTOKIOが再スタートを切った。

[ 2005年04月01日付 紙面記事

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/link.cgi?url=http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/04/01/04.html






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()