2005.04.07 Sponichi
長瀬&岡田“寄席風”会見

TOKIOの長瀬智也(26)とV6・岡田准一(24)がダブル主演するTBSのドラマ「タイガー&ドラゴン」(15日スタート、金曜後10・00)の制作発表が6日、東京・国立劇場で行われた。

長瀬は落語家・林屋亭どん兵衛(西田敏行)に弟子入りするヤクザの虎児、岡田はどん兵衛の息子ながら落語から遠ざかっている竜二役。脚本の宮藤官九郎も含め、出席者は全員、和服で登場し、それぞれの出囃子(でばやし)も準備されるなど、寄席風の会見となった。

物語は、古典落語の演目をモチーフにする1話完結式。毎回、落語を披露する長瀬は「1人でも多くの方を落語の世界に引きずり込みたい」。岡田も「いつ落語をやらされるのかと震えています」と話した。

虎児の親分役で出演する本物の落語家・笑福亭鶴瓶(53)が高座に上がって小噺(こばなし)を披露する場面もある。出演は他に伊東美咲(27)ら。
[ 2005年04月07日付 紙面記事 ]

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/04/07/03.html






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()