Sponichi 2005.09.25
長瀬&七之助の「弥次喜多」全米進出!


TOKIOの長瀬智也(26)と歌舞伎俳優・中村七之助(22)の主演映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(監督宮藤官九郎)が全米公開されることになった。24日、そろって記者会見した2人は「弥次喜多の愛車(ハーレーダビッドソン)で米国横断したい」「向こうで続編を!」と、ちょんまげでの米国進出に意欲を示した。

弥次喜多コンビが海を渡る。公開は06年夏ごろを予定。ニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市を皮切りに、最終的には全米30~40館での公開を目指す。

長瀬と七之助は、弥次喜多の衣装にテンガロンハットをかぶり、ガンベルトを巻いた“日米折衷”スタイルで会見。現地でのプロモーションは未定だが「(ロックファンが集う)ウッドストックで劇中歌の“東海道で行こう”を歌い、ハーレーで米国を横断したい」(長瀬)とアメリカンドリームをふくらませた。

「真夜中の…」は弥次喜多の東海道珍道中を描いた作品で、撮影中から「次はアメリカ横断か?」と冗談を言い合っていたという。七之助は「全米公開なんて想像がつかなかった」としながらも「パート2を米国で撮れれば」と目を輝かせた。

商家の若だんな・弥次さん(長瀬)が、同性の恋人で薬物依存症の役者・喜多さん(七之助)を更生させるため、お伊勢様を目指す爆笑ロードムービー。

会見に出席した米配給元、メディアブラスターズ社のジョン・シラベラ社長は「見ていて笑いが止まらなかった。アメリカの観客にはピッタリの作品」と太鼓判。2人についても「米国で言うpretty boy。女性の観客が詰めかけるだろう」とし、長瀬が「really?」とニンマリする場面もあった。

人気脚本家・宮藤官九郎(35)の初監督作品として4月に都内3館で封切られ、その後、全国160館に拡大。興収約8億円のヒットを収めた。

弥次喜多がハーレーにまたがるポスターが7月に、100年の歴史を持つ米エンターテインメント誌「バラエティー」の表紙を飾り、話題となったばかり。米国での珍道中も注目される。

[ 2005年09月25日付 紙面記事 ]







berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()