2005.04.03 產經體育
謹慎2カ月…七之助が謝罪、「ご迷惑をかけました」

 警察官を殴って逮捕(その後起訴猶予)され、2カ月間謹慎していた歌舞伎俳優、中村七之助(21)が2日、東京・渋谷区のシネマライズで行われた主演映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(宮藤官九郎監督)の初日舞台あいさつにダブル主演のTOKIO・長瀬智也(26)と出席した。七之助は「ご迷惑をかけました」と直接ファンに謝罪した。舞台あいさつ前には近くのホテルで会見し「こういうことがないようにと本当に思います」と懺悔の言葉を口にした。

 舞台上で「この映画があって皆様の前に出させていただいた。普通ならあり得ない。こんなに早く、皆様の前に立たせていただきまして…」と声を詰まらせた七之助。

 隣に立つ長瀬は「いいんですよ、元気であれば」と快活な笑顔と男気あふれる言葉で支えた。満場の300人からは拍手と声援が続いた。

 七之助は1月30日に泥酔してタクシーに乗り警察官を殴って現行犯逮捕。その後釈放され、起訴猶予処分になった。

 同作は、ゲイのカップル、弥次さん(長瀬)と喜多さん(七之助)が繰り広げる珍道中を描いた時代劇ロードムービー。七之助の逮捕騒動以前に撮影を終えていた。

 「2月に(監督の)宮藤(官九郎)さん、長瀬さんは(同作の)宣伝をされていたのに僕は何もできなくて、悔しく情けなかった」と張り詰めた表情で自責の弁。

 先月同所で行われた同作のイベントには、謹慎中のため欠席。その場で長瀬から「喜多公、早く帰って来~い」とエールを送られたことに「翌日の新聞で知り、嬉しかった。まさかそんなことを言ってくださるなんて」と照れ臭そうな笑顔を見せた。

 七之助は、前日の1日に東京・銀座の歌舞伎座で初日を迎えた、父親である十八代目中村勘三郎(49)襲名披露「四月大歌舞伎」夜の部の口上で仕事復帰したばかり。

 「何を言われても仕方ないという覚悟でした。どうなることかと思いましたが、観客の皆様に温かく迎えられ、役者冥利に尽きます。本当に有り難いことです」とさまざまな思いをかみ締めた。

 この日七之助は、シネマライズのほか新宿区の新宿ジョイシネマでも舞台あいさつした後、「四月大歌舞伎」に出演。さらに、池袋のシネマサンシャインのオールナイト上映にも登場。汚名返上とばかりに精力的に稼動した。

★早くも続編話!?

 この日、早くも続編の企画が“発表”された。会見で長瀬が「(七之助と)2人頑張ったんで、またできたら嬉しい」と提案すると、クドカンこと宮藤官九郎監督(34)は「(弥次喜多は)アメリカに行くんですよ。さっき話していたんですけどね」と乗り気。だが舞台あいさつでは、長瀬が「僕と喜多さんは永遠に一緒ですから、続編待ってます!」と続編話を持ち出すと大喜びの観客とは対照的に、クドカンは苦笑い。

 その様子を淡々と観察していた七之助は「宮藤さんにプレッシャーかけずに、陰で『進めてください』とお願いしておきます」と企画進行を約束した。ほかに共演の研ナオコ(51)、小池栄子(24)、阿部サダヲ(34)、原作者のしりあがり寿氏(47)ら9人がそろい、弥次喜多の門出を賑やかに飾った。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200504/gt2005040301.html






berryfield 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()